週末は水辺で TMOが向う場所


KSS川人のWEB管理人TMOのブログ  カヌー、ソルトウォーターフィッシング、ハイエース、DIYなど
by kss_tmo
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
FRIEND-LINK
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧


プレイボーティング

f0150393_2247914.jpg

届きました。

明日、発送します。
[PR]

by kss_tmo | 2010-01-30 22:47 | カヌー

スカノラック

f0150393_19355192.jpg

オーシャンカヤック社のマリブツーを購入したのが、今から10年前。
まだ、川にも目覚めてなくて、松島なんかに連れてって貰っていたころ、本格的にやろうと買った服が、パタゴニア社のスカノラック。

この前、強引にジッパーを引っ張って壊し、パタゴニアリペアセンターに修理に出してたのが、戻ってきました。

修理代も1万円くらいまで覚悟してましたが、修理&送料で破格の3桁!

さすがにパタゴニア製品は値段もよかったですが、アフターケアも良くて大満足です。
[PR]

by kss_tmo | 2010-01-27 19:35 |

1月23日 松川浦ドライブ

川人の新年会が開催されましたが、私は先約の福島方面家族ドライブに行ってきました。

金曜日夕方6時出発
相馬であぶりチャーシュー味噌ラーメンの予定でしたが、山形側の道路が凍結して鏡のようになってて、距離が稼げず、白石で夕食&温泉ランド入り。

丸森町を抜けて、相馬に着いたのは11時で、港湾事務所近かくのPで車中泊しました。

翌朝は、松川浦の外海側をドライブ。今までは内海に潮干狩りしか来たことしかなかったので、綺麗な景色に感動でした。

漁港の隣でサーフィンしてましたが、カヌーでも気持ち良さそうな波でした。
[PR]

by kss_tmo | 2010-01-25 12:48 |

ハイエース レカロシート取付

 ハイエースにしてから、半年余り・・・

 腰の具合が良くありませんでした・・・(スターンカットの練習もあまりできませんでした)

 最初の症状は、臀部から左太腿裏にかけてシビレ、そして腰の片側だけがぎっくり腰の前兆のような症状・・・

 何とかしたくて、色々見てたのですが、ようやくヤフオクにて「レカロ・スタイルJ」という中古のシート本体を格安ゲットできました(もし失敗してもジャンク品で売ればいいかなと安易な気持ちでした)

本日、さっそく取付!
  
f0150393_17111151.jpg

 シートレールは、JURANというメーカーのハイエース用を新品で購入して、シート本体に装着
f0150393_17112227.jpg

純正シートの取り外して、シートベルト警告灯用のコネクタも外しておきます。
f0150393_1711305.jpg

取付後   リクライニング用のダイヤルが干渉するとネット上ではあったが、そのまま付きました。(回せるのは助手席側だけですが・・・)

 底止めレールだったのですが、スタイル・トレンドなどAM19用のレールアダプタを付けたらシート位置が高くなってしまいました。要改良ポイントです。

 ・・・で、試乗。
 結果は、純正シートはやわらかくて尾てい骨の部分に集中して重心がかかっていましたが、レカロは、重心がうまく分散されていて、膝下・太腿裏、尻、腰、背と全体的にサポートされていてかなり良いです。

中古でこれだから、新品だったらかなりいいんだろうな・・・。

 
[PR]

by kss_tmo | 2010-01-17 17:19 |

1月16日 メバリング

 午後7時出発、12時帰宅で行ってきました。

 太平洋側に行こうと思っていましたが、日中のうちから下見が出来なかったので日本海側へ。

 でも、日本海側は風雪・波浪注意報が出ていて、すぐさま退散してきました。

 やっぱり、太平洋側へ行くべきだった(泣)!
[PR]

by kss_tmo | 2010-01-17 17:06 | つり

1月11日 メバリング

f0150393_1240598.jpg

朝3時出発で、また行ってきました。
波が凪いできていたので、一昨日の潮の濁りがどれくらいなのか見たくなり、行きました。

で、i港で初ヒット!
15cmのメバルでした。
しかし、その後はピンテールのピンをかじるだけのミニサイズでまったくダメでした。

その後、K港、N港と周りましたが、不発でした。


急に3月までに、S元会長の住む街で宴会がしたくなりました。

参加者、募ります。
[PR]

by kss_tmo | 2010-01-12 12:40 | つり

1月8日 メバリング

 昨年から大荒れの天気が続いていたが、波が2m切る予報だったのでN港へ行ってきました。

 潮が濁っていて、魚はまったく見えなかったのですが早速ジグヘッドで釣り廻りましたが、アタリなし。

 雨かと思っていたら、大粒の霙まで振り出し初釣りは2時間弱で終了しました。
[PR]

by kss_tmo | 2010-01-10 14:29 | つり

ハイエースの○と× その2

年末の30日夕方から31日に吹浦で車中泊しながら、秋田までドライブに行ってきました。
本当は、関東方面ドライブの予定でしたが、長女のインフルエンザのため中止にしてました。でも、冬の車中泊テストと暇だったので、急遽行くことにしました。

ダメ1
当日は、大荒れで風がかなり強く、横風をまともに受けるハイエースのボディは不安定でした。
前のプラドは、ビルシュタインを付けてたので、時速1○0kmの高速巡航も片手で楽チンでしたが、ハイエースはかなり神経を使います。コニーショックだけではダメですね。巷には、ダウンフォースを得るパーツもあるようですが…

ダメ2
寒冷地使用のハイエースは、リアヒーターが付いてるのですが、風量調整はできるものの、温度調整が出来ません。
なので、寒くてスイッチ入れるか、切るかしかなく、不便です。
ネットで調整弁を付ける
方法もあるようなので、今後の課題です。

ダメ3
6月から車中泊を月1~2回して自作ベッドに寝泊まりしていますが、ベッドの上シュラフ2枚重ねで寝てみたのですが、ベッドの上が結露しました。
窓がなるのはわかるのですが、ベッドの上と下でそんなに温度が違ったのだろうか?
[PR]

by kss_tmo | 2010-01-04 13:03 |

明けましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします


f0150393_18164123.jpg
※写真はなんの関係もありません


★  個人的には、 厄年でもあり、仕事関係でも激動の年になるようです。


 まるで、巨大なウェーブホールのエディでエントリー順番待ち状態!?のようです。

 ・・・が、練習もしたことのない技(生活・仕事)はできっこないので、自分のできる技が安定して出せるよう、ウェーブ(新しい環境)を楽しめるようになりたいです。

 ・・・で、来年の今頃には、そんなビックウェーブホールでも、自分なりに乗り慣れてちょっとでも緊張感を楽しめることができればいいな・・・。

 そして、長距離ドライブもまた何処かに行けたら良いな!釣った魚を皆で食べたいな!



★ 川人的には、年末のクリキャンで決定した(強行採決?!)クラブ全員が静水ループをマスターするという大きな目標に向けて、皆で切磋琢磨していきたいですね!


 上手い人がいうように(雑誌などでも・・・)、自分のできるレベルからステップアップしたらどうでしょうか?

① まずは、バウを刺してフネを立てて、前方にバンザイ状態(体を反って)で倒れてみましょう。

※ バウを刺す事自体が厳しいという人は、バウを沈めようと背中を丸めてスプレースカートを見ていませんか?そうしていると、重心が後ろに移動しているので、結果的に後傾と同じです。
 胸をスプレースカートに落として、視線を遠くの水面に移してみましょう。

② ①の恐怖感がなくなったら、バンザイの時(体を反って)につま先立ちを意識しましょう。エンダーにヒントがあると有名なY氏も言ってますね【重要】

③ ②のつま先立ち状態の時間を延ばしてみましょう。

④ ③の時間が長く出来るということは、フネに重心をうまくかけることができる ということなので、バンザイ状態から水面まで胸元を落とす(キープする)事ができれば、バウステーションが完成です。

⑤ 安定したバウステーション(角度で50度くらい)ができたら、フネを上下に浮き沈みさせてみましょう。

⑥ バウステーションの角度(50度くらい)では、フネを浮き沈みさせることができず、元に戻ってしまったり、前転したりします。

⑦ それでも段々回数をこなしていくと、②の段階の経験が生きてきます。そう、フネは水面に対して直角であれば、浮力とその反動を得ることができます。フネの浮力に全体重を落とせるかが肝だと思います。

また、水中にパドルを置いて引くことでフネをより沈めることができます。水面においたパドルの裏で押せば、フネをより浮き上がらせることができます。

⑧ ようするにループは、
1バウステ(角度50度)→
2水面直角(つま先立ち・90度)→
3フネが一番深く沈む→
4前方に飛ぶ準備(▲20~30度)と同時に前転(屈む)→
5最大限の浮力が生じてフネが浮き上がる同時に前に飛ぶ(有名なK君から聞きました)→
6返し(体を反る)を入れる(バンザイバックドロップのような感じ)→
7パドルを引く→
8補正→
9完成!


私もまだまだできません。でも、私なりに試行錯誤のうえ、こういう考えにいたりました。他にいいヒントがあれば教えてもらいたいし、早くに完成したいですね!

 でないと、来年のクリキャンで丸刈りにされてしまいます(笑)
[PR]

by kss_tmo | 2010-01-01 13:18